アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

著名エコノミストの方々との語り合い

著名なエコノミストの水野和夫さんと小野善康さんと最近お話ししました。

お二人とも、先をよく見た、本質論ができる方々とお見受けしました。

日本の未来を切り開いていくには、従来の過去のモデルではだめです!

今の日本は、現在というシステムに対して、未来からの挑戦を受けている世界最先端国です。
この前、スウェーデンに行ってきたときに感じました。
スウェーデン政府の幹部に、私が担当している「100万人前後のひきこもり」の現状を説明したら、「そんな現象は、スウェーデンでは起きていない」と言われました。
このことから、逆に、私は日本社会の先進性(良い悪いは別にして)を感じました。
バブル崩壊も、日本のほうが米国より10年早いといわれています。

実は、日本の次の一手をじっと世界が注目しているのです。
我々現役世代が、その解答を勇敢に与えていかねばなりません!

水野さんや小野さん等との話から発展してきた新発想を皆さんにお話ししたいと思います。
その内容は、来月の2月から始める「末松メルマガ」に乗せようと思います。ぜひ、読んで下さいね!
スポンサーサイト

別窓 | 社会
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。