アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

私が考える日本の危機解決法(第1話)No4ー最終

私が考える日本の危機解決法(第1話)No4-最終

「どうすれば、日本の産業空洞化を防ぎ、大量失業や賃金低下を防げるか?」(その4ー最終)


6.日本復活の道・・・「日本的感性型創造力」が新時代の物差しとなる!⇒ 大学入試制度の抜本改革を!

以上見てきたように、このままの教育では、これからの「創造力を基本とした本物の時代」を乗り切っていけません。新しい認識力や創造性、たくましさを養っていけないからです。これからの日本には、「学歴エリート」ではなく、「創造力エリート」が必要です。誤解を恐れず平たく言えば、「突き抜けている人」つまり「異能や天才」の数を日本で圧倒的に増やすことが大切なのです。同時に、彼らをサポートする人々や体制を飛躍的に強化していく必要もあります。

日本には、まだまだ学歴信仰が根強くあります。有名大学に入ることが、「人生成功のパスポートを手に入れることなのだ」という発想です。この発想は、今後は、「ズレた発想だ!」と言われることになるでしょう。前述のように、秀才型組織管理向き人間は、社会では一定数以上は要らないのです。彼らの発想では、無から有をなす、つまり、富を生み出すことにはならないのです。「無から有をなす発想」をいかに日本で大切にできるかが勝負です。同じように、この発想を持った人間をいかに日本社会で大切にしていく仕組みをつくっていけるかが死活問題になります。

そのためにどうするか?

私は、やはり、できるだけ早くこれまでの大学入試制度を抜本的に変える必要があると思います。例えば、従来から何度も指摘されてきていますが、過度の受験戦争を終わらせるために、大学入学を容易にして、卒業をとても厳しくするやり方もあります。卒業した者だけが社会的信用を得るという方法です。
もう一つは、知識詰め込みの受験テクニックでは、決して大学入学できないような入試考査を行うということです。例えば、受験生の創造性を直接試すような入試問題にする。これまでの既成常識にとらわれないような設問を設定し、独自の見解とその根拠を示させることも面白いと思います。受験生が自分の人生で徹底的に独自に追求してきた課題とその結果を述べさせてもよいと思います。突き抜けたクリエイティブな発想を評価して大学で育てていくのです。

また、ボランティア活動や社会貢献活動などで、いかにその受験生がリーダーシップをとっていたか等を評価することも重要です。さらに、小中高校時代のクラブ活動等での体験から、どんな認識を有しているのかを示させるのも面白いと思います。同様に、これらの学生時代の活動をよく知っている方々に推薦人になってもらうことも必要でしょう。私も昔、米国のプリンストン大学院に入るときに経験しましたが、欧米の大学に入るときには、以上のようなことは当然要求されます。このような選抜になると、人と接触しないようなガリ勉・秀才タイプははずされ、本当に目的意識を持って、その大学で学びたいと熱望している魅力的な受験生が入りやすくなります。その前提として、大学の教員には、受験生の創造力や指導力等を十分に理解し、育て上げることができる人材を配置することが要請されます。

最後に、日本社会として、新時代の感性型創造エリートに対し、どのように接していけばよいのかについて述べたいと思います。私も外務省にいて在外勤務の経験がありますが、日本社会は同質性が強いためか嫉妬や妬みが強く、お互いをけなすことに熱心で、お互いを褒め合うという習慣が薄いように思いました。これは、随分もったいない話です。日本人は、欧米人のような直線的発想では出てこないような深みのある、きめ細かな発想にとても優れています。これは天下一品です!特に、モノづくりについては、そのハイセンスで、世界の市場を席捲してきた実績もあります。
ただ、前述のように嫉妬心等から、天才的発想を持った人を内輪で潰してしまうことも多いのではないかと危惧しています。これからは、このような右脳感性的な天才型の人々は、日本社会の宝です。これらの天才が、日本に1万人出てきて、それぞれが独創的な新技術・新サービスや新発見をしていけば、日本に大きな新産業がいくつもできることになります。そうなると、それらを支えていく人材群の雇用が確保できます。ここまで来れば、失業や空洞化を生み出し賃金を低下させるグローバリゼーションの影響を受けることなく、日本人は、更なる高賃金を享受できることとなるのです。
その実現のためには、日本社会に、どうしてもお互いを褒め合う仕組みをつくっていく必要があるのです。

                                          終わり    
   ★最後までお読みいただき、ありがとうございました!                      
スポンサーサイト

別窓 | 政治
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。