アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民主党代表選挙・・・「最後は、気迫の勝負か!」

民主党代表選がいよいよ中盤を迎えました。
菅・小沢両候補、両陣営とも全力をかけた闘いとなってきました。
この選挙は、日本人約1.3億人の内、わずか34万人強の民主党支持の議員・党員・サポーターの中で行われる選挙だという特殊性があります。その選挙が、日本の総理大臣を決めることになるのですから、極めて重要な選挙です。ご承知のように、私は、菅直人候補を応援していますので、菅直人支持を連日訴えています。

両候補の演説を先日新宿駅で聞きましたが、両候補とも、持っている気迫を最大限出していました。
その後で、色々な方と話したら、様々なコメントが返ってきました。
一つ一つその内容を書きませんが、一つだけとても印象に残るコメントがありましたので紹介します。
「『今回が、自分の死に場所だ!』という気概をどこまで示せるのか。人間、すべてをうまくやることは不可能だ。これを(この政策を)やらずんば死んでも死にきれないという思いをどこまで示せるか。その『やるせない思い』が人を動かす!」
スポンサーサイト

別窓 | 政治
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。