アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

青少年問題特別委員会による法案採決

 引きこもりやニートなどの青少年問題を法律として正式に位置づけ、解決を図る法案が政府・与党から提出されてきました。これに対し、我々民主党は、3ヶ月をかけて詳細に審議し、法案のタイトルを含め内容を大幅に変える修正案をつくり、政府・与党にぶつけました。
 
 この間、青少年問題特別委員会では、参考人を招致したりして審議を重ねてきました。
そして、関係議員の方々などの大変な御努力で、ほぼ民主党の修正案が受け入れられ、合意に達することが出来ました。6月18日に同委員会で全会派一致で付帯決議とともに採決されました。
翌19日には、私が、衆議院本会議で、委員長として提案し、採決されました。
ご尽力いただいた各議員等の皆様には、心からお礼申し上げます。衆議院解散がなければ、近々、参議院で採決され、法律になる予定です。
スポンサーサイト

別窓 | 政治
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。