アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

皇居でのお茶会、赤坂御所での園遊会に参加して感じたこと

 少し旧聞となりますが、4月13日に皇居でのお茶会、4月16日に赤坂御苑での園遊会があり、青少年特別委員長として招待されたので参加しました。

 皇居でのお茶会は、衆議院・参議院の各委員長が招かれていました。午後3時からでしたので、てっきりお茶だけ出てくるのかなと思っていたら、お食事も出てきたのでやや驚きました。お部屋から見るお庭の風景は、「素晴らしい!」の一言に尽きます。天皇陛下は、衆・参議長などのテーブルでお食事を召し上っておられましたが、各テーブルがある中、陛下と同じお部屋で食事をさせて頂き光栄でした。お料理は、純和風と思われがちですが、全くの洋風でした。おみやげは、由緒ある「どら焼き」でした。

 園遊会には、過去何回か出席させて頂いています。赤坂御苑はことのほか緑が美しく、とても綺麗に手入れがなされています。招かれた方々の服装も、男性はモーニング姿がほとんどであり、女性も着物か正装のドレスできらびやかでした。
陛下や皇后様、皇太子など皇族の方々が、ゆっくりと参加者に対してご挨拶をされるのですが、池のまわりの道に並んだかなりの人数の参加者に対して長時間かけてご挨拶をされるのを拝見するたびに、大変なお仕事だなあと感じていました。私も、陛下から、ねぎらいのお言葉を賜り、大変光栄に存じました。

 ちなみに、これら皇族御主催の行事には、いわゆる司会というか進行役という方がいません。「自然に始まり、自然に終わる」という感じで、「とても日本的だなあ」と感じます。日本古来の伝統ということでしょう。天皇陛下は、日夜、日本国繁栄のためにお祈りを続けておられるとのこと。御即位20周年及び御成婚50周年を改めてお祝い申し上げますとともに、陛下の御健勝を心からお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

別窓 | 政治
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。