アラジンのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

本日のBSテレビのBS11「 IN side OUT」(22:00~2300)に生出演します!

 本日22:00~23:00に生放送されるBSテレビのBS11「IN side OUT」に生出演します。
テーマは、私が委員長を務めています「消費者問題特別委員会」関連で、ずばり「消費者問題」です。
このなかで、「日本の消費者維新」にかける私自身の思いをできるだけ述べてみたいと思います。色々な方が見られる番組と聞いておりますので、わかりやすく平易にお話しできればと思っています。お時間のある方は、ぜひご覧ください!
スポンサーサイト
別窓 | 消費者問題
∧top | under∨

ノーベル平和賞のマータイさんにお会いしました

2月18日に、「もったいない」で有名なノーベル平和賞受賞者マータイさんにお会いしました。今回は、穀物多様性の種の保存を目的とする国際団体への基金拠出依頼のために訪日された由。
マータイさんの印象は、「エネルギッシュで、正直で、誠実な人」というものでした。握手すると、「熱い人」という実感が伝わりました。私からは、実際の種の保存方法や各国のアクセスのやり方などを質問したのですが、「知らないことは知らない」という正直な態度で、誠実に答えておられました。日本の精神性や文化にも造詣が深く、高く日本文化を評価していました。自然や地球との共生を旨とする人だなと感じました。

ノーベル平和賞のマータイとツーショット

ノーベル平和賞のマータイさんにお会いしました…の続きを読む
別窓 | 環境
∧top | under∨

防衛問題

外交・防衛問題も引き続き研究しています。
 普天間問題は、ご存じの通り喫緊の課題です。今年5月の期限とその位置づけについては、鳩山政権にとっても極めてバイタルなものです。元外交官として、私なりに考え、アクションを起こしていく必要性を痛感しています。
突然米国で浮上したトヨタ車のリコール問題が、「普天間問題に対する鳩山政権の姿勢」への米国政権の不快感の表れだと解釈する向きが週刊誌等で報じられています。また、米国の台湾への武器売却問題やダライ・ラマ訪米問題等を契機とした米中対立の先鋭化は、表向きでは、「オバマ政権が、米国内の対中弱腰外交との批判をはねのけたがっている」との解釈がある一方、裏側では、「オバマ政権が、米中対立を演出することで、脅威認識を注入しながら、普天間問題に対する鳩山政権の軟弱姿勢を強制矯正にかかっている」と解釈する向きもあります。
 何が事実かは不明ですが、様々な政治・外交的手法やその解釈による心理戦が行われている可能性があるということでしょう。国を率いる指導者は、常に脅威の演出に屈せず、国益を最後まで追求していく強さが求められます。

 また、次期FX戦闘機の問題も大きな問題です。米国が輸出禁止にしたF22(ラプター)にいつまでもこだわっている暇はありません。選定機の役割の明確化と選定基準の明確化を、速やかに政府において決定していく必要があります。

別窓 | 防衛問題
∧top | under∨

国土交通省政策会議で問題提起

2月4日の国土交通省政策会議において問題提起しました。
京成電鉄が新しく成田に乗り入れる(今年7月に開業予定)に当たって、従来から高額運賃だと言われ続けてきた北総鉄道の運賃値下げ問題を取り上げました。運賃は、運輸審議会の答申を受けて国土交通大臣が決定するというのが慣行です。しかし、以前は、運賃などの公共料金値上げの際には、旧・物価安定政策会議の意見も尊重されていました。
地元の県や市長等の合意などに基づき、今回ある程度の運賃・定期券の値下げはなされたのですが、地元の不満は残っていると聞いています。
昨年9月にようやく消費者庁や消費者委員会が創設されたので、国のシステムとして、しっかりと消費者庁や消費者委員会の意見も聞くべきだと考えます。三日月政務官から、「消費者庁などからのご指摘があれば、検討していきたい」との答弁がなされたので、今後、消費者庁や消費者委員会、衆議院の消費者問題特別委員会で、この問題を取り上げていきたいと思います。
別窓 | 政治
∧top | under∨

FM西東京に出演します!

 最近、地元のFM西東京でラジオ収録しました。
放送は、2月7日(日)と02月14日(日)の08:30~09:00です。
 久々のラジオ出演は、楽しかったです。パーソナリティやプロデューサーの方々や学生さんを始めとするスタッフの皆さんが明るくて楽しく会話が弾みました。

 内容としては、7日が、私の高校・大学時代の思い出や、外交官時代に海外で体験したことなどが主です。イラクのバグダッド勤務(大使館員)で、イラン・イラク戦争時代にスカッドBというミサイルがすぐそばに落ちてきて、地獄の光景を見たことや、多くの野犬に襲われて殺されそうになったこと、自宅の裏庭から強盗に入られそうになったことなどの話が放送されるのではないかと思います。

また、14日には、なぜ私が外務省を辞めて政治家になろうとしたのか、どんな政治家を目指すのか、日本をどうしていきたいのか等について放送されることになると思います。
ぜひ、お時間があればお聞きください!!




別窓 | 随想
∧top | under∨
| アラジンのつぶやき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。